■ご挨拶

石川ミリオンスターズ

野球からはじまる、街づくり、元気づくり。

野球場で初めて芝を見た時の感動。
プロ野球選手を夢見てプレーした日々。
初めて打ったヒット、暗くなっても追いかけた白球。

数年、数十年を経た今でも私たちの中にその"夢"、"情熱"はいつまでも残っています。野球に喜び、仲間、挫折、そして努力の後に得られる"感動"を教えられました。野球から得られる"感動"は、いつの時代も誰であっても共有できるものではないでしょうか。

アメリカ、カナダでは地方都市を本拠地とするマイナー球団が街のシンボルとなり、地域活性化に大きく貢献しています。街の球団を地元企業が支え、球団はコミュニティに対しチャリティー、慈善活動で恩返しをしています。

街にプロ野球球団があり、子供は選手との触れ合いの中で選手に憧れて育っていく。

日本では現在、不況の影響でプロ野球選手になりたいという将来有望な選手が、高校、大学卒業後にプレーし夢を追う場所が激減しています。

「みんなプロ野球選手になりたかった」

石川県にプロ野球球団の誕生を誰が想像したでしょうか。私たちは野球を通じて若者には夢を追う場所を、ファンには夢、感動、情熱を与え、子供には野球の楽しさを伝え、地域の活性化に貢献することが使命と考えております。

株式会社石川ミリオンスターズ
代表取締役 端保 聡

会社概要

チーム名 石川ミリオンスターズ
会社名 株式会社石川ミリオンスターズ
本社所在地 〒921-8051 石川県金沢市黒田1丁目266番地
設立年月日 平成18年10月11日
資本金 9,200万円
役員
代表取締役 端保 聡
取締役 喜多 甚一(ビーインググループ CEO)
取締役 吉田 友昭(松下管工業株式会社代表取締役)
取締役 髙間 俊成(株式会社アルプ企画常務取締役)
取締役 小中 寿一郎(北國新聞社取締役総務局長・秘書室長)
取締役 宗守 重泰(株式会社宗重商店代表取締役)
監査役 西野 裕一(アーク引越センター北陸株式会社代表取締役)
株主数
法人 61社
個人 17名
主要株主 (株)北國新聞社、北陸放送(株)、(株)テレビ金沢、金沢信用金庫、のと共栄信用金庫、他法人56社 個人17名
チーム名の由来 加賀百万石に由来し、県民100万人の夢と希望をのせて輝けるチームになってほしいという願いと、百万石の伝統ある街でチームが盛り上がり、選手の活躍と将来多くのスター選手を輩出するチームになってほしいという期待が込められています。
マークの由来 「輝く星は県民の願い」石川県初のプロ野球球団として彗星の如く、日本球界に新しいエンターテインメントをもたらしたいという願いが込められ、星の形は石川県、アルファベットの紺色は日本海、アルファベット周りのコバルトブルーは県旗の色を表しています。